火の山ロープウェイ 2019年運行情報

昭和33年の運行以来、沢山の方に愛され続けている火の山ロープウェイ。

こちらでは瀬戸内海国立公園「火の山」の山肌を進むゴンドラから眺める「関門橋」や「関門海峡」の景色を楽しめます。

毎年春から秋までの期間限定で運行していますが、2019年の運行状況は下記のとおりです。




【運行期間】2019年3月15日(金)~11月10日(日)

【定休日 】5月7日(火)以降の毎週火・水曜日

※8月13日(火)、8月14日(水)を除く

【営業時間】

始発便:午前10時 ~ 最終便:午後5時
※発車時刻は毎時00分・20分・40分ですが、多客時には臨時便による着発運転を行います。所要時間(片道)は約4分です。

〇営業延長日は、午前10時から午後6時まで営業いたします。
営業延長日:3月30日(土)、31日(日)、4月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
〇夜間運行日は、午前10時から午後9時まで営業いたします。
夜間運行日:8月10日(土)、11日(日)、13日(火)、17日(土)、9月13日(金)

【所要時間】約4分

【料金】

大人    片道300円(往復500円)
小学生 片道150円(往復250円)

※2019年10月1日に施行される消費税率及び地方消費税率の引き上げに伴い、乗車料が変更となる可能性があります。

【お問合せ】

下関市観光施設課 083-231-1838
下関市火の山ロープウェイ 083-231-1351


 

火の山公園

火の山は、古代、都との連絡のために、のろし場の置かれた所とされ、ここの火は、津布田、宇部、岐波、秋穂と引き継がれて京都に達したと言われています。

 瀬戸内海国立公園に含まれ、標高268mの山頂からは瀬戸内海、日本海を一望でき、特に、その夜景は格別の美しさで1000万ドルの価値があると言います。

 山頂までパークウェイが整備されており、車で行かれますが、歩いて登ることもできます(所要時間は、みもすそ川公園から、徒歩40分。火の山ロープウェイ下駅から、徒歩30分。)。

 山頂展望台には、回転展望レストランや売店などもあります。

 

 交通   JR下関駅からバス15分「火の山ロープウェイ」下車すぐ

      下関 I.Cから車15分(山頂に立体駐車場があります)

 問い合わせ 下関市観光施設課 083-231-1838

          立体駐車場 083-223-8339

 

カモンワーフ

IMG_1530.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 「カモンワーフ」は「食」べて「遊」んで「海」を「感」じるをテーマに新鮮な海の幸をお楽しみいただけるレストラン・お食事処やファーストフード、お土産品店など多彩なショップを備えた新しい複合商業施設です。

 海響館と唐戸市場の間に位置し、ボードウォークや3Fのスカイガーデンから、関門海峡が一望できるという絶好のロケーションにも恵まれ、連日たくさんのお客様で賑わっています。

 所在地  下関市唐戸町6-1

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩2分

 問い合わせ カモンワーフ事務局 083-228-0330

唐戸市場

IMG_0341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 下関はもちろん、北九州の食のプロも通う歴史ある市場で、水産物が豊富です。

 小売も行っているので一般の人も買い物が楽しめ、朝早く出かければ新鮮な魚を安く手に入れることができます。

 市場内の様子を一望できる見学デッキや屋上芝生広場、食堂、喫茶店、水産加工品の小売店等もあります。

 金・土・日・祝日には、海鮮屋台が出て新鮮な魚介類がその場で味わえます。?

 所在地  下関市唐戸町5-50

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩約4分

 問い合わせ 下関市地方市場課 083-231-1440

 

永福寺

IMG_0338.JPG

 永福寺の言い伝えによれば、推古天皇の十九年(62)に百済の聖明王の王子琳聖太子が來朝された際、ここに一宇を建て念持仏観音像を安置したことに始まると言われています。

 初めは天台宗でしたが、のち衰微して荒れるにまかせていたのを嘉暦二年(1327)に規模を拡大し、鎌倉の人で南禅寺三世平田慈均禅師が、ここに住みつき永福寺の開山となり臨済宗の道場に改めました。

 江戸時代には、下町がますます繁栄して行くと同時に、大年寄佐甲家の保護もあり寺運はいよいよ開けて行きました。

 大正六年に町中(現在の山口銀行旧本店付近)から背後の現在の高台へ移転しましたが、昭和二十年(1945)七月の戦災で、室町時代の初期に属すると伝えられ、鎌倉の円覚寺舎利殿と同じ唐様建築として、国宝に指定されていた観音堂ほか諸堂ことごとく焼失しました。

 永福寺は毎年7月17日の「十七夜の観音」(千手観音)ご開帳の夜に幽霊の絵を公開する「幽霊祭」で有名です。

 所在地  下関市観音崎町8-2

 交通   JR下関駅からバス4分「三百目」下車、徒歩7分

 問い合わせ 永福寺 083-223-5841

 

亀山砲台跡

IMG_0877.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 文久3年(1863)5月10日、横浜から長崎を経て上海に向かうため、アメリカ商船が関門海峡を通過しようとしましたが、風波と逆潮流のため豊前田浦沖(現在の北九州市門司区)に碇泊しました。

 5月11日午前2時久坂玄瑞の指揮により、豊前田浦沖に碇泊しているアメリカ商船攻撃合図の砲弾が亀山砲台から発射されました。

 夜陰に突如、長州藩の軍艦庚申丸、癸亥丸の襲撃を受けた同船は、あわてて錨を巻き上げ豊後水道に向かったため、藩艦もこれを追いましたが、船脚に格段の差がありたちまちその船影を見失ってしまいました。

 このようにして、馬関攘夷戦の火ぶたはきられたといいます。

 所在地 下関市中之町1-1亀山八幡宮

 交通 JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩5分

 問い合わせ 亀山八幡宮 083-231-1323

金子みすゞ顕彰碑(寿公園)

IMG_1284.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 明治36年(1903)山口県長門市で生まれた童謡詩人金子みすゞは、大正12年(1923)20歳の時故郷の長門市から下関の上山文英堂本店に移り住み、西之端町にあった商品館の上山文英堂という書店で働きなら、童謡詩の創作活動を行い、文学雑誌に次々と作品を発表しました。

 唐戸界隈に点在するみすゞゆかりの場所には詩碑が設置され、みすゞの世界に想いを馳せながら散策を楽しめる「金子みすゞ詩の小径」となっています。

 所在地  下関市南部町7番

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩約4分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

 

 

 

 

 

 

 

亀山八幡宮

DSC_3626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 由緒記によれば、平安時代貞観元年(859)宇佐神宮より分霊を勧請し創建されたと伝えられる古社で、市民からは「関の氏神」として親しまれています。

 2月の凧上げ大会、5月の五穀祭・八丁浜、7月の夏越祭の花火大会では多くの市民や県内外の人々でにぎわいます。

 境内には林芙美子文学碑、世界最大のふくの銅像、亀山砲台跡など多くの史跡があります。

 所在地  下関市中之町1-1

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩5分

 問い合わせ 亀山八幡宮 083-231-1323

 

 

林芙美子生誕の地碑

IMG_1337.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 林芙美子は明治36年(1903)に、田中町の五穀神社入口にあったブリキ屋の2階で生まれたと言われており、この神社の鳥居横には「林芙美子生誕地之碑」が立っています。

 出世作『放浪記』で「私が生まれたのは下関の町である」と記した林芙美子。

 第一学年から第四学年まで在籍していた名池小学校の資料室には、彼女の学籍簿が展示されています。

 昭和26年(1951)心臓まひで急逝しました。

 所在地  下関市田中町1番五穀神社入口付近

 交通   JR下関駅からバス8分「西之端」下車、徒歩約3分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

 

引接寺(三門)

IMG_1514.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 永禄3年(1560)に創建された古刹。朝鮮通信使や明治28年(1895)、日清講和会議が下関で開かれた際、李鴻章ら清国の全権一行など要人の宿泊場所にあてられた由緒ある寺院です。

 怪物に化けたという伝説の龍の彫刻(左甚五郎作ともいわれる)が三門(市指定文化財、「山門」ともいう)にあります。

 所在地  下関市中之町11-9

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩6分

 問い合わせ 引接寺 083-222-0514