火の山ロープウェイ 2019年運行情報

昭和33年の運行以来、沢山の方に愛され続けている火の山ロープウェイ。

こちらでは瀬戸内海国立公園「火の山」の山肌を進むゴンドラから眺める「関門橋」や「関門海峡」の景色を楽しめます。

毎年春から秋までの期間限定で運行していますが、2019年の運行状況は下記のとおりです。




【運行期間】2019年3月15日(金)~11月10日(日)

【定休日 】5月7日(火)以降の毎週火・水曜日

※8月13日(火)、8月14日(水)を除く

【営業時間】

始発便:午前10時 ~ 最終便:午後5時
※発車時刻は毎時00分・20分・40分ですが、多客時には臨時便による着発運転を行います。所要時間(片道)は約4分です。

〇営業延長日は、午前10時から午後6時まで営業いたします。
営業延長日:3月30日(土)、31日(日)、4月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
〇夜間運行日は、午前10時から午後9時まで営業いたします。
夜間運行日:8月10日(土)、11日(日)、13日(火)、17日(土)、9月13日(金)

【所要時間】約4分

【料金】

大人    片道300円(往復500円)
小学生 片道150円(往復250円)

※2019年10月1日に施行される消費税率及び地方消費税率の引き上げに伴い、乗車料が変更となる可能性があります。

【お問合せ】

下関市観光施設課 083-231-1838
下関市火の山ロープウェイ 083-231-1351


 

火の山公園

火の山は、古代、都との連絡のために、のろし場の置かれた所とされ、ここの火は、津布田、宇部、岐波、秋穂と引き継がれて京都に達したと言われています。

 瀬戸内海国立公園に含まれ、標高268mの山頂からは瀬戸内海、日本海を一望でき、特に、その夜景は格別の美しさで1000万ドルの価値があると言います。

 山頂までパークウェイが整備されており、車で行かれますが、歩いて登ることもできます(所要時間は、みもすそ川公園から、徒歩40分。火の山ロープウェイ下駅から、徒歩30分。)。

 山頂展望台には、回転展望レストランや売店などもあります。

 

 交通   JR下関駅からバス15分「火の山ロープウェイ」下車すぐ

      下関 I.Cから車15分(山頂に立体駐車場があります)

 問い合わせ 下関市観光施設課 083-231-1838

          立体駐車場 083-223-8339

 

カモンワーフ

IMG_1530.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 「カモンワーフ」は「食」べて「遊」んで「海」を「感」じるをテーマに新鮮な海の幸をお楽しみいただけるレストラン・お食事処やファーストフード、お土産品店など多彩なショップを備えた新しい複合商業施設です。

 海響館と唐戸市場の間に位置し、ボードウォークや3Fのスカイガーデンから、関門海峡が一望できるという絶好のロケーションにも恵まれ、連日たくさんのお客様で賑わっています。

 所在地  下関市唐戸町6-1

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩2分

 問い合わせ カモンワーフ事務局 083-228-0330

唐戸市場

IMG_0341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 下関はもちろん、北九州の食のプロも通う歴史ある市場で、水産物が豊富です。

 小売も行っているので一般の人も買い物が楽しめ、朝早く出かければ新鮮な魚を安く手に入れることができます。

 市場内の様子を一望できる見学デッキや屋上芝生広場、食堂、喫茶店、水産加工品の小売店等もあります。

 金・土・日・祝日には、海鮮屋台が出て新鮮な魚介類がその場で味わえます。?

 所在地  下関市唐戸町5-50

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩約4分

 問い合わせ 下関市地方市場課 083-231-1440

 

林芙美子生誕の地碑

IMG_1337.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 林芙美子は明治36年(1903)に、田中町の五穀神社入口にあったブリキ屋の2階で生まれたと言われており、この神社の鳥居横には「林芙美子生誕地之碑」が立っています。

 出世作『放浪記』で「私が生まれたのは下関の町である」と記した林芙美子。

 第一学年から第四学年まで在籍していた名池小学校の資料室には、彼女の学籍簿が展示されています。

 昭和26年(1951)心臓まひで急逝しました。

 所在地  下関市田中町1番五穀神社入口付近

 交通   JR下関駅からバス8分「西之端」下車、徒歩約3分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

 

引接寺(三門)

IMG_1514.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 永禄3年(1560)に創建された古刹。朝鮮通信使や明治28年(1895)、日清講和会議が下関で開かれた際、李鴻章ら清国の全権一行など要人の宿泊場所にあてられた由緒ある寺院です。

 怪物に化けたという伝説の龍の彫刻(左甚五郎作ともいわれる)が三門(市指定文化財、「山門」ともいう)にあります。

 所在地  下関市中之町11-9

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩6分

 問い合わせ 引接寺 083-222-0514

 

 

 

 

 

 

 

稲荷町・稲荷神社

IMG_1235.JPG

 昭和20年代まで稲荷町と呼ばれたこの地の町名は、大同4年(809)の創建と伝えられる稲荷神社に由来するもので、北前船の寄港で賑わった江戸時代には、平家生き残りの官女らとの血縁が語られる遊女に端を発した、格式の高い花街として広くその名を知られた裏町がありました。

 最盛時には、大坂屋を中心とした花魁芝居や先帝祭の上臈参拝行事の起源の地としても知られ、また幕末維新の頃には高杉晋作、伊藤博文ら若き志士たちもこの界隈を往来していたそうです。

現在街並みは変わり、わずかに稲荷神社が往時を偲ばせてくれます。

 所在地  下関市赤間町5番

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩約7分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

藤原義江記念館(紅葉館)

IMG_0278.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 関門海峡を望む小高い丘の上に建つこの建物は、かつて英国領事館の公邸や貿易商社の宿舎として使用されていました。

 現在は、義江の父リードの勤めた瓜生商会の異人館の場所に、義江の歌が流れ、数々の遺品や写真が展示された藤原義江記念館(紅葉館)があります。

 藤原義江は、明治31年(1898)に瓜生商会の総支配人であった英国人ネール・ブロディ・リードと、芸者坂田キクとの間に下関で生まれました。

 演劇に憧れ、沢田正二郎の新国劇に入りましが、ローシー歌劇団の公演を聞いて、オペラに惹かれ、大正7年(1918)戸山英二郎の名で浅草オペラにデビューしました。大正9年(1920)イタリアに留学し、欧米各国で演奏活動を行い、3年後の大正12年(1923)に帰国しました。

 昭和9年(1934)藤原歌劇団を創立、同年の「ラ・ボエーム」を第1回として、我が国に本格的なグランド・オペラを次々と紹介し、オペラ普及運動に力を尽しました。

 義江は昭和51年(1976)に77歳の生涯を閉じました。

 見学は事前に予約が必要です。

 所在地  下関市阿弥陀寺町3-14

 交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、徒歩5分

 問い合わせ 藤原義江記念館(紅葉館)083-234-4015

本行寺

IMG_1287.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内左側に、元治元(1864)年8月の下関戦争で、戦死した11人の名を刻んだ戦士の塚や、慶応2年(1866)の小倉戦争で、上半身裸のまま自分の小隊を率いて敵の砲台に突撃し、戦死した山田鵬輔はじめ奇兵隊士の墓があります。

 所在地  下関市赤間町3-12

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩約4分

 問い合わせ 本行寺 083-222-2406

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本陣伊藤邸跡

IMG_1346.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 伊藤家は町内の大年寄で、奉行を務めた家柄でした。

 江戸時代には参勤交代時、大名の宿となる下関の東の本陣を務め、幕末の当主は、シーボルトや吉田松陰らとの親交や、坂本龍馬が邸内の一室を自然堂と称し、妻・お龍(りょう)を呼び寄せて逗留したことでも知られます。

 龍馬が京都で暗殺された時も妻のお龍はここに滞在していました。

 昭和20年の戦災で建物は貴重な資料とともに焼け、現在は「本陣伊藤邸址」の碑があるだけです。

 所在地  下関市阿弥陀寺町5番

 交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、徒歩3分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350