海峡ゆめタワー(海峡メッセ下関)

 

西日本一の高さを誇る143mの展望室からは、東に周防灘、対岸の九州に挟まれ歴史に残るドラマに満ちた関門海峡、西に水平線の彼方まで限りなく広がる響灘と、360度の雄大な眺望が目の前に広がります。

 あなたの旅の思い出に、この本州西端の景色や季節・曜日によって変化する夜間ライトアップを是非加えてほしいものです。

 所在地  下関市豊前田町3丁目3−1

 交通   JR下関駅から徒歩7分

      下関 I.Cから車で15分

 駐車場  150台タワー利用者は、5時間無料

 問い合わせ 海峡メッセ下関 083-231-5600

 

 

 

 

 

 

下関港国際ターミナル

 

韓国・釜山、中国・青島,中国・蘇州太倉との国際航路が発着する国際港湾都市・下関の海の玄関口です。

 釜山へは1日1便、青島へは週2便、蘇州太倉へは週1便、フェリーが就航しています。

 所在地  下関市東大和町1丁目10-60

 交通   JR下関駅から徒歩7分。

 問い合わせ 下関港国際ターミナル観光案内所 083-235-6052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巌流島

IMG_1059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 関門海峡に浮かぶ周囲約1.6kmの小島で、慶長17年(1612)4月13日に宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘したことで知られています。

 正式名称は舟島と言いますが,敗れた小次郎の流派名をとり、巌流島と呼ばれるようになったということです。

 島内に佐々木巌流之碑(船島開鑿工事完成を祝って明治43年に建立されたもので、小次郎の墓ではありません。)が現存しています。

 現在は、海沿いの散策道なども整備され、2003年春からは定期船も就航し、だれでも気軽に訪れることができます。

 所在地  下関市大字彦島字船島648番地

 交通   唐戸桟橋・門司港桟橋より直行の定期船で10分

 問い合わせ 下関市観光産業部観光振興課 083-231-1350

 

功山寺

IMG_0946.JPG

鎌倉時代創建、唐様(からよう)建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺様式を残しており、国宝に指定されています。

また数々の歴史の舞台となったところで、毛利元就に追われた大内義長が自刃したり、高杉晋作が明治維新の転機となる旗揚げをした寺としても知られ、境内には馬上姿の晋作の銅像も置かれています

 

 大内義長のものと言われている墓や、初代秀元をはじめ9人の藩主達の墓が仏殿裏にあります。桜と紅葉の名所です。

 

 所在地  下関市長府川端1丁目2-3

 交通   JR長府駅からバス7分「城下町長府」下車、徒歩10分

      JR下関駅からバス23分「城下町長府」下車、徒歩10分

 問い合わせ 功山寺 083-245-0258

 

唐戸市場

IMG_0341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 下関はもちろん、北九州の食のプロも通う歴史ある市場で、水産物が豊富です。

 小売も行っているので一般の人も買い物が楽しめ、朝早く出かければ新鮮な魚を安く手に入れることができます。

 市場内の様子を一望できる見学デッキや屋上芝生広場、食堂、喫茶店、水産加工品の小売店等もあります。

 金・土・日・祝日には、海鮮屋台が出て新鮮な魚介類がその場で味わえます。?

 所在地  下関市唐戸町5-50

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩約4分

 問い合わせ 下関市地方市場課 083-231-1440

 

カモンワーフ

IMG_1530.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 「カモンワーフ」は「食」べて「遊」んで「海」を「感」じるをテーマに新鮮な海の幸をお楽しみいただけるレストラン・お食事処やファーストフード、お土産品店など多彩なショップを備えた新しい複合商業施設です。

 海響館と唐戸市場の間に位置し、ボードウォークや3Fのスカイガーデンから、関門海峡が一望できるという絶好のロケーションにも恵まれ、連日たくさんのお客様で賑わっています。

 所在地  下関市唐戸町6-1

 交通   JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩2分

 問い合わせ カモンワーフ事務局 083-228-0330