藤原義江記念館(紅葉館)

IMG_0278.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 関門海峡を望む小高い丘の上に建つこの建物は、かつて英国領事館の公邸や貿易商社の宿舎として使用されていました。

 現在は、義江の父リードの勤めた瓜生商会の異人館の場所に、義江の歌が流れ、数々の遺品や写真が展示された藤原義江記念館(紅葉館)があります。

 藤原義江は、明治31年(1898)に瓜生商会の総支配人であった英国人ネール・ブロディ・リードと、芸者坂田キクとの間に下関で生まれました。

 演劇に憧れ、沢田正二郎の新国劇に入りましが、ローシー歌劇団の公演を聞いて、オペラに惹かれ、大正7年(1918)戸山英二郎の名で浅草オペラにデビューしました。大正9年(1920)イタリアに留学し、欧米各国で演奏活動を行い、3年後の大正12年(1923)に帰国しました。

 昭和9年(1934)藤原歌劇団を創立、同年の「ラ・ボエーム」を第1回として、我が国に本格的なグランド・オペラを次々と紹介し、オペラ普及運動に力を尽しました。

 義江は昭和51年(1976)に77歳の生涯を閉じました。

 見学は事前に予約が必要です。

 所在地  下関市阿弥陀寺町3-14

 交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、徒歩5分

 問い合わせ 藤原義江記念館(紅葉館)083-234-4015