長府沖にある満珠・干珠島

0813.JPG

 その昔、朝鮮から新羅の大軍が攻めてきた時に、神功皇后が龍神から授かった2つの珠(潮干る珠・潮満る珠)を使って、船で近づこうとする新羅軍を「潮干る珠」で足止めし、船を降り攻めてきた新羅軍を「潮満る珠」で滅ぼしました。

 そののち、神功皇后は軍船を整えて、いよいよ新羅へ渡り、敵を打ち破り、やがて神功皇后の軍隊は勇ましく長門の浦に凱旋してきました。

 凱旋の後2つの珠を海中に返すと、この二つの島になったという伝説があります。

 忌宮神社の飛び境内地で、両島の樹木は国の天然記念物に指定されています。

 平家が滅び武士の時代の始まりとなった壇ノ浦の源平船合戦では、海峡の潮流に詳しい長府・串崎の水軍が源氏方へ味方し、源氏はこの島周辺に本陣を構えたといわれます。

 関門海峡のいたるところから望見できますが、二つの島が寄り添うように見える豊功神社や御船手海岸からの風景が最も良いといわれています。

 

 所在地  下関市長府沖

 交通   豊功神社 JR長府駅からバス9分「松原」下車、徒歩7分

           JR下関駅からバス21分「松原」下車、徒歩7分

      御船手海岸 JR長府駅からバス9分「松原」下車、徒歩10分

            JR下関駅からバス21分「松原」下車、徒歩10分

 問い合わせ 長府観光会館 083-246-1120

 

御茶屋臺場址の碑

IMG_1433.JPG

 元禄年間に第三代長府藩主の毛利綱元が、海峡を望む景勝地ということからここに御茶屋を造りました。

 文久年間には御茶屋の高台場が築かれ、低台場や洲崎の台場とともに文久3年(1863)5月10日からはじまった攘夷戦や、その翌年元治元年(1864)の英米仏蘭四国連合艦隊の下関砲撃に際してはその中心となりました。

 とくに、文久3年(1863)6月5日の第5回攘夷戦にはフランス軍艦セラミス、タンクレードが来て前田砲台を砲撃し、ついに上陸すると、大砲16門を破壊したうえ集落まで焼き払いました。

 また、元治元年(1864)8月4日姫島沖に集結した四国連合艦隊17隻は、5日午後4時過ぎから開戦。これに対して前田の3砲台および壇之浦砲台も応戦しましたが、当時の長州藩の青銅砲では隊士のはやる士気も、外国の優れた近代兵器相手ではなすすべもなく、前回の攘夷戦と同様に各砲台は大敗を喫しました。

 所在地  下関市前田町1

 交通   JR下関駅からバス15分「前田」下車、徒歩6分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

平家の一杯水

IMG_1436.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 「壇之浦の戦いで、深手を負いながらも岸に泳ぎ着いた平家の武将が、ふと見ると山裾から海岸線に降りた所にわずかな水溜りがありました。

 痛む身体を引きずって水溜りに近づき、水を飲んでみると真水だったので、もう一口と、その水を口にしたところ塩水に変っていた。」という伝説が残る地です。

 碑の近くの渚に湧き出る清水(火の山からの伏流水)には祠が立てられ、いまも元旦の若水として赤間神宮の神前に供えられます。

 所在地  下関市前田町2-1

 交通   JR下関駅からバス15分「前田」下車、徒歩5分

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

 

 

 

 

 

 

壇之浦砲台旧址

IMG_1438.JPG

 みもすそ川公園内の長府よりに、壇之浦砲台旧址碑があります。

 壇之浦砲台は、文久3年(1863)5月2日、長州藩が攘夷決行に備えて急ぎつくられた砲台で、現地に住んでいた漁師の家は、火の山の山腹に移され、さらに現在の壇之浦に移転させられたということです。

 砲台は、兼重謙蔵の私記によりますと、第一塁十八斤長加農砲二門、第二塁十二斤長加農砲四門、第三塁八十斤仏式砲一門というものでしたが、前田砲台とともに最も重要な砲台として、文久3年の五回の攘夷戦と元治元年(1864)の四国連合艦隊との戦いに大いに活躍しています。

 所在地  下関市みもすそ川町1番

 交通   JR下関駅からバス12分「みもすそ川」下車すぐ

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

みもすそ川公園

IMG_0686.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 公園前に広がる海は関門海峡の一番狭まったところで早鞆(はやとも)の瀬戸といわれ、潮の流れが速く、潮流の変化が激しい海の難所です。

 ここは、源平壇之浦合戦の古戦場を一望出来る場所で、当時を偲ぶ義経・知盛像や石碑、歌碑があります。

 また、幕末の攘夷戦で外国船を砲撃した砲台跡でもあり、今もレプリカの長州砲が関門海峡をにらんで展示されています。

 所在地  下関市みもすそ川町1番

 交通   JR下関駅からバス12分「みもすそ川」下車すぐ

 問い合わせ 下関市観光振興課 083-231-1350

 

 

 

 

 

 

関門トンネル人道

IMG_1522.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 関門国道トンネルは全長3461.4mで、昭和33年3月に開通しました。

 下関側車道入り口は、約1.4km離れた場所にありますが、御裳川から対岸門司のめかりとの間780mは、世界的にも珍しい歩行者用海底トンネルです。

 関門トンネルの人道口からエレベーターを利用し、地下55mのエレベーターホールへ 降りると、約15分で関門海峡を歩いて渡ることができます。

通行可能時刻 6:00〜22:00、歩行者無料、自転車・原付は20円。

 所在地  下関市みもすそ川町22-34

 交通   JR下関駅からバス12分「みもすそ川」下車すぐ

 問い合わせ JH下関管理事務所 083-232-2811

 

 

 

 

 

 

平和のシンボル関門橋

050_IMG_2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 海峡の潮の流れが変わるように、時代の流れの変化にかかわりのある関門海峡です。

 太平洋戦争中も米軍機は執拗に機雷投下を繰り返し海峡閉鎖を狙いました。下関市史によると、日本の沿岸各地に投下された機雷数は総計11,090個、このうち、半数近い4,696個の機雷が関門海峡に投下された。

 この機雷の被害は投下早々から続出し、安全水路の確保に努力したが、被害は増すばかりで8月に入ると、ほとんど関門海峡は閉鎖状態だった。昭和20年8月15日太平洋戦争の終結により、4ヶ月あまり続いた関門に対する機雷攻撃は終止した。

 戦後、あちこちに沈船のマストのみが海面に露出している光景が見られ、船の墓場と化した関門海峡も、懸命の掃海作業によつて昭和27年5月15日港湾、航路の安全宣言が行われた。

 ところが実際には、安全ルートをはずれた海域を航行する船舶の触雷事故はその後も発生し、昭和40年代まで関門の掃海を継続したと言います。

 今眺める関門海峡には多くの船舶が行き交い、本州と九州を結ぶ関門橋が架かる、その景観は実にすばらしく美しい、いつまでも平和な社会であってほしいものです。

 所在地  下関市みもすそ川町

 交通   JR下関駅からバス12分「みもすそ川」下車すぐ

 問い合わせ JH下関管理事務所 083-232-2811

赤間神宮

IMG_0272.JPG

<

 源平壇之浦の合戦に敗れ、わずか8歳で関門海峡に入水された安徳天皇を祭神とする神宮で、壇之浦を望む水天門は鮮やかな竜宮造り、「海の中にも都はある」という二位の尼の願いを映したものといわれます。

 境内には安徳天皇阿弥陀寺御陵、平家一門の七盛塚、小泉八雲の怪談で有名な「耳なし芳一」の木像が祭られている芳一堂、「長門本平家物語」「源平合戦図」など貴重な資料のある宝物殿等があります。

 毎年5月2日から5月4日まで、平家一門への回向として同神宮で行われる先帝祭では、上臈道中・上臈参拝が5月3日に行われます。

 所在地  下関市阿弥陀寺町4-1

 交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、すぐ

 問い合わせ 赤間神宮 083-231-4138

日清講和記念館

IMG_1356.JPG

 

 

 

 

 

 

 

日清講和記念館は、日清戦争(1894)の講和会議に使用された調度品や写真、その他の貴重な資料などを広く一般に公開、展示するため、昭和10年(1935)から2年かけて春帆楼に隣接して建てられたもので、館内中央には当時の様子が再現されています。

 日清講和会議は、明治28年(1895)3月20日から4月17日まで下関の「春帆楼」で、清国講和全権大臣・李鴻章と日本全権弁理大臣・伊藤博文を主軸とする両国代表11名によって行われました。

 会議が29日間行われたのは、清国の大使李鴻章が3月24日午後4時ごろ宿舎引接寺への帰途、凶漢に狙撃され負傷したため会議が一時中断したからです。

 会議は4月10日に再開され、17日に清国の李鴻章と日本の伊藤博文の間で日清講和条約(下関条約)が調印されました。

 所在地  下関市阿弥陀寺町

 交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、徒歩2分

 問い合わせ 教育委員会文化財保護課 083-231-4697

史蹟春帆楼

IMG_1347.JPG

 慶応4年(1868)3月の排佛棄釈によって廃寺となった、阿弥陀寺の方丈跡を近くの眼科医・藤野玄洋が買い取り、明治10年(1877)に月波楼医院を開業しました。

 その後、妻のミチはこれを改造して割烹を兼ねた旅館として開業し、三棟あった店を、向かって右から月波楼、春帆楼、風月楼と呼んでいました。

 その中の春帆楼という名称は、伊藤博文が名付けたものだそうです。

 明治21年(1888)時の総理大臣・伊藤博文が、春帆楼でふく料理を食したのを契機に、豊臣秀吉によって出されいた「フグ食用禁止令」は解かれ、「ふぐ料理」の公許第1号店となりました。

 明治28年(1895)3月20日から4月17日まで下関の「春帆楼」で、清国講和全権大臣・李鴻章と日本全権弁理大臣・伊藤博文を主軸とする両国代表11名によって、日清講和会議が行われました。

 所在地  下関市阿弥陀寺町4-2

 交通   JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、徒歩2分

 問い合わせ 春帆楼 083-223-7181